物損事故で高額の判決となった事例って?

自動車による人身事故で死亡や後遺障害が残ったケースについて、加害者に数億円単位の損害賠償を命じる判決が多く出ていることは知られていますが、実は物損事故についても相当高額にのぼる損害賠償を認定する判例があり、国内の損害保険会社各社でつくる日本損害保険協会では注意喚起を行っています。
例えば、呉服や毛皮などの高級品を積んだトラックが中央分離帯を乗り越えて横転、炎上して積み荷が焼失した事故では、2億6,135万円の損害が認定され、賠償額そのものは過失相殺で5割減となりました。
また、道路のセンターラインを越えて対向車線に進入してきた乗用車が原因となって、大型トラックと別の乗用車が衝突し、はずみで両者とも道路わきのパチンコ店に突っ込んだ巻き込まれ事故では、最初にセンターラインを越えた乗用車の側に1億3,450万円の損害賠償が命じられています。
さらに、踏切への乗用車の進入事故で特急電車が脱線、線路わきの民家に突入したケースでは、乗用車の側に1億2,036万円の損害賠償が命じられています。
このように、人身事故以外であっても、最近ではかなりの高額の損害賠償責任を負うケースが出てきていることから、自動車保険の契約にあたっても十分な備えが求められています。

Comments are closed.