故意の事故に保険金は支払われない

自動車保険は、偶然の事故によって自己や他人の身体・物に損害が生じた場合に必要な補償を受けることができるようにするため、契約者どうしが保険料を持ち寄って助け合うことをそもそもの趣旨としているものです。したがって、偶然とはいえないような、契約者の故意による場合や、契約者に重大な過失がある場合については、保険金が原則として支払われないことになっており、これらは保険約款に免責事項として定められています。
例えば、保険金をだまし取る目的で他人と示し合わせていたような場合は当然に該当しますが、定員を大幅に超過して運転した場合、正規のシートではなく荷台などの禁止されている場所に乗っていた場合、窓やサンルーフなどから身を乗り出すハコ乗りと呼ばれるような危険行為をしていた場合、酒に酔って運転していた場合なども、このようなケースに当たるものと考えられます。また、自殺が目的での危険運転も、こうしたものと同様となっています。
ただし、加入者本人やその家族などが起こす場合以外にも、自己所有の車を他人に貸して運転していた場合など、自動車保険による補償が適用されるパターンにはさまざまなものがありますので、場合によっては限定的に保険が下りることもあります。

Comments are closed.