知っておきたい!補償内容

自動車の保険には、自賠責保険と任意保険があります。このうち、自賠責保険は加入が強制されているものですが、任意保険は加入を強制されていません。その任意保険の中に対人賠償保険というものがあり、これは、自賠責保険でカバーすることが出来なかった分を支払うというものです。
補償内容は、相手方の治療費などの実費、対車であった場合は修理代、相手方の精神的損害、将来の介護の費用、逸失利益などがあげられます。このうち、逸失利益には、休業損失や営業損失が含まれます。これらは、事故にあったために、仕事ができなくなってしまった期間、受けることが出来たはずの給料などに対して支払うものです。損失の出し方は、1日あたりの基礎収入×日数となっています。しかし、この基礎収入を幾らで計算するかが難しくなります。給料がある程度定まっているサラリーマンなどの場合はよいですが、自営業などの場合は日によって異なるため、算出が難しいのです。
このように、対人賠償保険で補償される内容には、様々なものがあります。事故にあった場合はしっかり請求することが大切ですし、加入の際はどのような部分まで補償されるのか、内容を確認しておくようにしましょう。

Comments are closed.