対物賠償保険とは

自動車保険の内、対物賠償保険といのは物にぶつかってしまったりして壊してしまったときに、それの修理などのために支払われる保険のことを言います。
ここで注意しなければいけないのは、適用される保証の範囲は他人の財物であるということです。
つまり例えばガードレールにぶつかってしまうという事故を起こしてしまったとします。この事故によって自分の運転していた車とガードレールが壊れてしまいました。
対物ですから車もガードレールも補償の対象になると思われるかもしれませんが、自分の車は他人の物ではありませんから補償の対象にはなりません。
この場合は自分の車は実費で直すか別に車両保険に加入していれば保障されます。ガードレールの修理費のほうは他人の物ですから対物補償でお金が支払われます。
このことからもわかる通り、事故によって生じた他人の損害を保証するのが対物補償です。
もしもお店などに突っ込んでしまうというような事故の場合は、店舗の修理費はもちろんですが商品の代金、修理が終わるまでの休業補償など支払わなければならない金額が大きくなってしまうことも考えられます。
ですから対物補償は対人補償とともに自動車保険の中でも重要な保険といえるでしょう。

Comments are closed.