台風や地震による損害と補償内容

東北の大地震での津波の惨状は、まだ記憶に新しいところです。
猛烈な勢いで押し寄せてくる波に、人や車がのみ込まれていく場面は、まさに悪夢としか言いようがありません。
さて、失われた車については、車両保険での補償が受けられないことが、一部で問題になっていました。
言うまでもなく、自動車保険は損害保険ですので、車同士の事故による損害や、台風や洪水などの自然災害に巻き込まれた場合も補償の対象になるのですが、地震、噴火、津波はその対象から外れてしまうのです。
というのは、大地震というのは損害が巨額になってしまう可能性があり、保険会社としても発生する損害の平均規模を予測できないため、保険料の算出が非常に困難であるとの現実があるからです。
もし、地震による車両の損害を支払ってくれる車両保険を希望するのなら、名称は会社によって違っていますが、「車両地震特約」をつけるしかありません。
この特約をつければ、全損時には、地震だけにとどまらず、噴火や津波によって受けた損害を、50万円、もしくは、車両保険の契約金額が50万円未満の場合は車両保険の契約金額と同額まで、カバーしてもらえます。
大型地震が予測される昨今、将来的には見直されるかもしれませんが、現在は特約でしか対処できません。

Comments are closed.