注意しておきたい点について

自動車保険の対人賠償保険は、自動車事故によって他人にケガをさせたり、死亡させたりして、法律上の損害賠償責任を負った場合について、自賠責保険で支払われる限度額を超えた部分の損害賠償額に対して、あらかじめ定める保険金額の範囲内において、一定の基準による保険金が支払われるものです。自賠責保険は強制加入ですが、実際の損害賠償額ははるかにその支払基準を超える場合が多いことから、任意加入ながらドライバーのためのスタンダードな保険として定着しています。
ただし、この対人賠償保険ですべての人身事故について保険金が支払われるわけではなく、保険約款のなかに保険金が支払われない免責事由が列挙されています。
保険金が支払われない典型的なケースとして、保険契約者本人や記名被保険者などが故意によって事故を起こした場合があります。例えば、飲酒や違法薬物の使用により心神耗弱の状態で事故を起こしたような場合、無免許運転で事故を起こしたような場合などが該当します。
そのほかの注意点として、自分の車を運転中の本人や配偶者、同居の親族などが被害者になった場合も対象外となることが挙げられます。対人賠償保険はあくまでも他人の人身上の損害を補償するもので、これらは記名被保険者として契約者本人と同様に扱われるためです。契約者本人などの人的な被害を補償するものとしては、人身傷害保険などの別のタイプの保険があります。

Comments are closed.