運転者や家族が所有しているものと補償について

自動車の交通事故に関しては、一般的には任意加入の自動車保険に加入していることが多い傾向にあるために、被害を受けてしまった場合では、相手側の保険によって適正に補償されることになります。例えば自動車に家族と一緒に乗っていて、信号待ちなどをしている最中に後部に追突されてしまったような場合では、過失割合については相手側が全て負担を行うことになるために、加害者の入っている自動車保険で賠償されることになります。破損してしまった自動車の部分については物損事故として取り扱われることになり、対物賠償保険で修理を行うことが可能とされています。また、運転者や家族が所有しているものとして、事故によって被害が及んでしまう可能性もあります。例えば追突されたことによって、腕時計が破損してしまったり、メガネなどが破損してしまうこともあります。このような所有物に対しても、相手側の保険で賠償されることになるために、忘れずに保険会社に通達することが必要とされています。しかし、補償に関しては所有物の価値について支払われることになるために、基本的には原状回復という方法が選択されることになり、同じアイテムの新品が補償されることが少ないために注意も必要です。

Comments are closed.